Archive for 1月, 2014

通信制高校が卒業できない?

火曜日, 1月 14th, 2014

しばしば通信制高校に通いレポートやスクーリングなどを経て必要な単位と在学年数を確保した、それにも関わらず何故か高校卒業資格が得られない、といった方が業界全体を見た時に時々いらっしゃります。こういった人達に尤もりがちなのは通信制高校だと思って通っていた学校が実はサポート校単体であった為だと言われています。


通信制高校のサポート校関連トラブル

通信制高校でのレポートや勉強はもちろん、進路やカウンセリングなど様々な内容を多角的にサポートする事を目的に運営されているのがサポート校と呼ばれる教育機関です。基本的には提携している通信制高校とセットになっている事が多く、併せての入学が推奨される場合や通信制と提携サポート校の同時入学が義務化されている場合などがあります。ただ特定の提携先を持たずサポート校単独として運営されている学校も一方であり、様々な通信制の生徒を受け入れる事が出来る所もあると言います。ただここで気をつけなくてはいけないのは、サポート校は通信制高校と混同しやすく、またサポート校単独では何年通っても高校卒業の資格を取得する事ができない点です。同様に通信制だと思って通っていた学校がサポート校であり、よく見たら卒業証書が殆ど行った事ない全く違う学校だったという事案も報告されています。

参考サイト:卒業率の高い通信制高校(http://www.maasu2013.org)

通信制高校から進学

金曜日, 1月 10th, 2014

通信制高校に入学するまではいいものの進路に関しては不安だ、という方も決して少なくはありません。尤も基本的に通信制高校で得られる高校卒業資格は全日制と全く資格上は同じものですし、就職活動の際などに企業が通信制高校の卒業生である事を理由に審査に落とす事は原則できません。それに通信制の卒業生には有名大学への進学や特定分野で活躍する専門家として就職する方も多く存在します。


通信制高校は受験に有利?

通信制高校は主体的に全日制相当の学力を身につけるのが難しく受験に不利だ、といった話が時々囁かれています。確かに全日制相応の学力を身に付けようと思うのであれば強い意思と継続力が必要となりますが何もそれは通信制に限った話ではありません。モチベーション云々に関しては勉強する意思さえあればどの学校に通っても同じです。むしろ全日制のような長い拘束時間が通信制には無い為、特定の大学に特化した入試対策が立てやすく、小論文やAO入試対策にも時間が当てられる為大学入試には向いているとされています。なかには大学入試の為だけに最後の一年だけ通信制に転校したという人もいるくらいです。これらの理由から通信制高校からも多く有名大学へ進学していく方達がいます。

通信制高校と卒業率

金曜日, 1月 10th, 2014

通信制高校に通う以上どうしてもその学校の「卒業率」には目が行きがちです。例えば90%後半の高い卒業率を誇る通信制高校は安心ですし、逆に30%や100%など極端な卒業率を発表している学校は何処か不安な気持ちにもなります。ではこういった卒業率の差はどのようにして生じるものなのでしょうか。


通信制高校の公立と私立

実は通信制高校には全日制と同様に公立と私立があります、また通信制に限っては圧倒的に私立のほうが卒業率は高く公立のほうが低いと言われています。これは公立通信制の多くが全日制の副業として行なわれている事に起因し、先生達が忙しい為通信制の生徒が十分なサポートが受けられない事を原因としています。勿論全てがそういうわけではありませんし私立にはやや学費が高いという難点もある為、どちらが本当に適しいているか十分に吟味するよう心がけましょう。


一番のポイントはモチベーション

また卒業率に関してはちゃんと勉強を教えてくれるかも大事ですが、それよりもその学校で勉強を続けたいと思えるモチベーションの湧く学校かどうかが重要になっています。一般的に通信制高校では年間50を超えるレポートの提出が3年で卒業しようと思うのであれば必要です。しかしこれだけの量のレポートを自力でやるには強い意思か、あるいは熟す楽しみといったやる気が必要になります。その為卒業率の高い学校は勉強以外に通う楽しみに力をいれている学校が多いようです。

通信制高校をより確実に卒業するには

金曜日, 1月 10th, 2014

通信制高校は国が認める正式な高等教育機関であり卒業に必要な74単位の取得と3年以上の在学期間を満たせば全日制と同様の高校卒業資格を取る事ができます。しかし自主教育を主体とする通信制高校において、月から金まで毎日何時間も学校に通う全日制の生徒が学んでいる内容と同等の学力を身につけるには少しのコツと強い意思が必要です。


通信制高校でも先生に相談は出来る

通信制高校は確かに自宅での学習を主体とした教育機関ではありますが、だからといって先生がいないわけでも先生に相談出来ないわけでもありません。まず一部の例外を除き基本的には通信制にも登校日が一定の間隔で設けられている為、こういった面談の機会をなるべく疑問の解消に役立てていくと良いでしょう。でもわからない事をわからないままにしておくのはもやもやしますよね。そんな時は例えばテレビ通話やメールを使って相談する事や、決められた日程以外の日に登校する事も多くの通信制高校では可能となっています。


サポート校と並行して通う

またどうしても通信制高校のサポートだけでは不十分という場合には「サポート校」と呼ばれる教育期間を利用するとよいでしょう。サポート校は通信制を専門とした塾のようなもので通信制での課題を解くサポートが受けられます。

通信制高校で卒業に再挑戦

金曜日, 1月 10th, 2014

例えば体調を崩して全日制高校に通うのが困難になった、いじめにあった、留年してしまい友達と学年が変わってしまった、人によって理由は様々ですが高校を中退してしまったという方は少なからず存在します。卒業はしたかった、だけど全日制の高校で上手くやっていける自信が無い、そんな人に今通信制高校が注目されています。


通信制高校のメリット

通信制高校は自宅での自主学習を主体とした教育をベースとした正式な高等教育学校になります。その為全日制のように週5日朝から晩までといった長い時間の校則が無く、自分のペースで勉学に励めるのが特徴です。また多くの学校では学年制ではなく単位制を採用している為、受講科目やその順番に融通が効きやすいのも魅力です。また在学生の年齢層も幅広く中学を卒業してすぐ入学した方から既に社会人として働いている方、年配の方なども見受けられます。


通信制を卒業するには

通信制高校の卒業には必要とされている74単位の取得と3年以上の在学期間が条件とされています。尤もこれは高校一年生初年度から通信制に入学した場合の話であり、通信制に転入あるいは編入する場合、全日制高校などに通っていた年月や受講した科目分の単位が相当分免除になります。

通信制高校を卒業しよう!

月曜日, 1月 6th, 2014

多くの方が普通科の全日制の高校に通っているかとは思いますが、最近では通信制高校を選んでいる方も多いようです。
通信制高校ですと自宅学習が基本になりますので自分のペースで学ぶことが出来ますが、自己管理がしっかり出来ないと厳しいかもしれません。
それなので、まずは自己管理をしっかりすることから始めた方が良いかもしれないですね。
学習をする上でも時間を管理することが大事だと思いますので・・・。


通信制高校を楽しもう!

通信制を卒業するにはそれだけ単位習得が必要になってきます。
それを取得しながらスクールライフを楽しむ事が出来るのは一番良いですよね。
スクーリングというものもありますので、そこで友だちを作ってみるのも良いかもしれません。
また、分からない問題を先生に質問してみたりと活用するのも良いですよね。
家にいることが多いかと思いますので、そういった場を活かしていけば楽しめると思います。


どんな人が通っているんだろう?

通信制高校には色々な方が通っているみたいです。
家庭の事情で通えなかった方や病気などでブランクが空いてしまった方など・・・それなので、今現在悩んだり考えている方もぜひ検討してみてはいかがでしょうか?
自己管理をしっかりできれば、どんな方でもご自分のペースで通う事が出来るので非常に良いかと思います。