通信制高校をより確実に卒業するには

通信制高校は国が認める正式な高等教育機関であり卒業に必要な74単位の取得と3年以上の在学期間を満たせば全日制と同様の高校卒業資格を取る事ができます。しかし自主教育を主体とする通信制高校において、月から金まで毎日何時間も学校に通う全日制の生徒が学んでいる内容と同等の学力を身につけるには少しのコツと強い意思が必要です。


通信制高校でも先生に相談は出来る

通信制高校は確かに自宅での学習を主体とした教育機関ではありますが、だからといって先生がいないわけでも先生に相談出来ないわけでもありません。まず一部の例外を除き基本的には通信制にも登校日が一定の間隔で設けられている為、こういった面談の機会をなるべく疑問の解消に役立てていくと良いでしょう。でもわからない事をわからないままにしておくのはもやもやしますよね。そんな時は例えばテレビ通話やメールを使って相談する事や、決められた日程以外の日に登校する事も多くの通信制高校では可能となっています。


サポート校と並行して通う

またどうしても通信制高校のサポートだけでは不十分という場合には「サポート校」と呼ばれる教育期間を利用するとよいでしょう。サポート校は通信制を専門とした塾のようなもので通信制での課題を解くサポートが受けられます。

Comments are closed.