通信制高校と卒業率

通信制高校に通う以上どうしてもその学校の「卒業率」には目が行きがちです。例えば90%後半の高い卒業率を誇る通信制高校は安心ですし、逆に30%や100%など極端な卒業率を発表している学校は何処か不安な気持ちにもなります。ではこういった卒業率の差はどのようにして生じるものなのでしょうか。


通信制高校の公立と私立

実は通信制高校には全日制と同様に公立と私立があります、また通信制に限っては圧倒的に私立のほうが卒業率は高く公立のほうが低いと言われています。これは公立通信制の多くが全日制の副業として行なわれている事に起因し、先生達が忙しい為通信制の生徒が十分なサポートが受けられない事を原因としています。勿論全てがそういうわけではありませんし私立にはやや学費が高いという難点もある為、どちらが本当に適しいているか十分に吟味するよう心がけましょう。


一番のポイントはモチベーション

また卒業率に関してはちゃんと勉強を教えてくれるかも大事ですが、それよりもその学校で勉強を続けたいと思えるモチベーションの湧く学校かどうかが重要になっています。一般的に通信制高校では年間50を超えるレポートの提出が3年で卒業しようと思うのであれば必要です。しかしこれだけの量のレポートを自力でやるには強い意思か、あるいは熟す楽しみといったやる気が必要になります。その為卒業率の高い学校は勉強以外に通う楽しみに力をいれている学校が多いようです。

Comments are closed.