通信制高校で卒業に再挑戦

例えば体調を崩して全日制高校に通うのが困難になった、いじめにあった、留年してしまい友達と学年が変わってしまった、人によって理由は様々ですが高校を中退してしまったという方は少なからず存在します。卒業はしたかった、だけど全日制の高校で上手くやっていける自信が無い、そんな人に今通信制高校が注目されています。


通信制高校のメリット

通信制高校は自宅での自主学習を主体とした教育をベースとした正式な高等教育学校になります。その為全日制のように週5日朝から晩までといった長い時間の校則が無く、自分のペースで勉学に励めるのが特徴です。また多くの学校では学年制ではなく単位制を採用している為、受講科目やその順番に融通が効きやすいのも魅力です。また在学生の年齢層も幅広く中学を卒業してすぐ入学した方から既に社会人として働いている方、年配の方なども見受けられます。


通信制を卒業するには

通信制高校の卒業には必要とされている74単位の取得と3年以上の在学期間が条件とされています。尤もこれは高校一年生初年度から通信制に入学した場合の話であり、通信制に転入あるいは編入する場合、全日制高校などに通っていた年月や受講した科目分の単位が相当分免除になります。

Comments are closed.