通信制高校が卒業できない?

しばしば通信制高校に通いレポートやスクーリングなどを経て必要な単位と在学年数を確保した、それにも関わらず何故か高校卒業資格が得られない、といった方が業界全体を見た時に時々いらっしゃります。こういった人達に尤もりがちなのは通信制高校だと思って通っていた学校が実はサポート校単体であった為だと言われています。


通信制高校のサポート校関連トラブル

通信制高校でのレポートや勉強はもちろん、進路やカウンセリングなど様々な内容を多角的にサポートする事を目的に運営されているのがサポート校と呼ばれる教育機関です。基本的には提携している通信制高校とセットになっている事が多く、併せての入学が推奨される場合や通信制と提携サポート校の同時入学が義務化されている場合などがあります。ただ特定の提携先を持たずサポート校単独として運営されている学校も一方であり、様々な通信制の生徒を受け入れる事が出来る所もあると言います。ただここで気をつけなくてはいけないのは、サポート校は通信制高校と混同しやすく、またサポート校単独では何年通っても高校卒業の資格を取得する事ができない点です。同様に通信制だと思って通っていた学校がサポート校であり、よく見たら卒業証書が殆ど行った事ない全く違う学校だったという事案も報告されています。

参考サイト:卒業率の高い通信制高校(http://www.maasu2013.org)

Comments are closed.