通信制高校から進学

通信制高校に入学するまではいいものの進路に関しては不安だ、という方も決して少なくはありません。尤も基本的に通信制高校で得られる高校卒業資格は全日制と全く資格上は同じものですし、就職活動の際などに企業が通信制高校の卒業生である事を理由に審査に落とす事は原則できません。それに通信制の卒業生には有名大学への進学や特定分野で活躍する専門家として就職する方も多く存在します。


通信制高校は受験に有利?

通信制高校は主体的に全日制相当の学力を身につけるのが難しく受験に不利だ、といった話が時々囁かれています。確かに全日制相応の学力を身に付けようと思うのであれば強い意思と継続力が必要となりますが何もそれは通信制に限った話ではありません。モチベーション云々に関しては勉強する意思さえあればどの学校に通っても同じです。むしろ全日制のような長い拘束時間が通信制には無い為、特定の大学に特化した入試対策が立てやすく、小論文やAO入試対策にも時間が当てられる為大学入試には向いているとされています。なかには大学入試の為だけに最後の一年だけ通信制に転校したという人もいるくらいです。これらの理由から通信制高校からも多く有名大学へ進学していく方達がいます。

Comments are closed.